Thurstan Redding

Photo: Thurstan Redding

リナ・サワヤマはセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール』からの2曲目のシングル“Catch Me In The Air”が公開されている。

オスカー・シェラー、グレイシー、クラレンス・クラリティ、スチュアート・プライスとの共作となった“Catch Me In The Air”は片親で彼女を育てた母親に捧げた曲となっている。「片親との不思議な関係について書きたかった」とリナ・サワヤマはプレス・リリースで説明している。「お互い空気で分かるの」

「曲全体をアイルランドの海岸線、コアーズのミュージック・ビデオみたいなサウンドにしたかった」とリナ・サワヤマは続けている。「コーラスに入るところでキーが変わるんだけど、プリコーラスの最後で上昇して、鳥のように飛翔していくの」

ファンが撮影したライヴ映像によるオフィシャル・ヴィジュアライザーと共に“Catch Me In The Air”の音源は公開されている。

アップル・ミュージックのゼイン・ロウによるインタヴューでリナ・サワヤマは“Catch Me In The Air”がグウェン・ステファニーの影響を受けていると語っている。

「ロックダウンの中で初めて対面でやったセッションだったけど、新型コロナウイルスにかからないかどうか不安で、みんながそれを不安に感じていた。そのせいで書けなくなって、何も出てこなかった」と彼女は語っている。

「そうしたらグレイシーが『あれ、グウェン・ステファニーが新曲をリリースしている』と言っていて、それで私が『グウェンのために曲を書くふりをするのはどうかな? 自分たちのことは頭から追い出して、ふりをするのよ』と言ったの」

2020年発表のデビュー・アルバム『サワヤマ』に続く新作『ホールド・ザ・ガール』は9月2日にリリースされる。リナ・サワヤマはサマーソニック2022に出演することも決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ