GETTY

Photo: GETTY

ロードはサード・アルバム『ソーラー・パワー』について振り返っており、“The Path”のミュージック・ビデオが公開されている。

昨年8月にリリースされた最新作は賛否両論を生む結果となっている。

ロードはニュースレターのEメールで『ソーラー・パワー』への反響についての感想を述べている。「正直、この1年はこれまででも最高と最低を経験することになった。アルバムができるまで時間がかかったけど、聴いた人からいまだに毎日Eメールをもらう。その反応は最初は本当に困惑し、時には痛みを伴うものだった」

“The Path”のミュージック・ビデオはこちらから。

「このアルバムを作ってリリースすることで自分自身とその受け取られ方について多くのことを学んだ。これまで以上にアートの作品と人生が結びつくことになった。ドライに聞こえるかもしれないけど、それが事実だった」

ロードは同じくアーティストだという友人から言われた一言についても触れている。「彼女は間違いなくピークの間に作られる作品だと言っていた。作り手にとっては必要な貴重なもので、こういう作品がないとピークは生まれない。それがこのアルバムの真実だと思う。地味にネオンボールを高い草の中で転がす必要があった」

“The Path”のミュージック・ビデオは神秘的な『ソーラー・パワー』の物語の第一章にあたるもので、他のミュージック・ビデオの舞台となった島に到着したところから始まり、集団でダンスを行う人々に囲まれることになる。

ジャック・アントノフとの共同プロデュースとなる『ソーラー・パワー』についてロードは次のように語っている。「このアルバムは、自然への賛美であり、屋外にいるときに感じる深い超越的な感情を不滅にする試みなの」

「心痛、悲しみ、深い愛、混乱を感じる時、私は自然界に答えを求めている。私は息を吐いて、耳を傾けることを学んだ。そうして出来上がったのがこの作品なの」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ