PRESS

Photo: PRESS

フィービー・ブリジャーズはアメリカのテレビ番組『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』で最新シングル“Sidelines”を披露したパフォーマンス映像が公開されている。

フィービー・ブリジャーズにとって2年ぶりのオリジナル曲となる“Sidelines”はサリー・ルーニー原作でHuluで配信のドラマ『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』に提供された楽曲となっている。

パフォーマンス映像はこちらから。

“Sidelines”ができた経緯についてフィービー・ブリジャーズは次のように説明している。「マーシャル・ヴォアにこういうラヴソングのアイディアがあって、パンデミックの最初の頃に送ってくれたの。私は『これはすごい』と思った」

彼女は次のように続けている。「夢中になって、家でずっとかけていた。それで番組から何か作ってくれないかと依頼があった時に私は『合うものが何もない』と言ったら、マーシャル・ヴォアが『“Sidelines”はどうかな?』と言ってくれたの」

フィービー・ブリジャーズは北米ツアーの収益の一部を人工中絶のチャリティに寄付することを発表している。

フィービー・ブリジャーズは「ロー対ウェイド」事件の最高裁判例を覆す最高裁判決草案を受けて、自身が中絶した体験について述べている。「昨年の10月、ツアー中に中絶をしました。プラント・ペアレントフッドに行ったら、中絶のピルをくれました。簡単なことでした。誰もがこのようにアクセスできるべきです」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ