NME / Charlotte Patmore

Photo: NME / Charlotte Patmore

パニック!アット・ザ・ディスコが、ニュー・アルバムのリリースを前に、新曲”Don’t Threaten Me With A Good Time”を公開している。

先頃バンドは、ニュー・アルバム『デス・オブ・ア・バチェラー』の詳細とUKで一夜限りのライヴを行うことを発表している。

パニック!アット・ザ・ディスコは、通算5作目となるニュー・アルバムが1月15日にリリースされる予定で、アルバムにはこれまで発表されてきた“Hallelujah”や、“Victorious”のほか、タイトル・トラックの“Death Of A Bachelor”や”LA Devotee”が収録される。アルバムのプロデューサーは、テイラー・スウィフトやフォール・アウト・ボーイを手掛けてきたジェイク・シンクレアが務めている。

パニック!アット・ザ・ディスコはニュー・アルバム『デス・オブ・ア・バチェラー』のリリースに向けて一夜限りのライヴをロンドンで行う予定で、ライヴは1月12日にO2アカデミー・ブリクストンで開催される。

パニック!アット・ザ・ディスコの新曲”Don’t Threaten Me With A Good Time”はこちらから。

バンドは5月にUKで「スラム・ダンク・フェスティバル2016」のヘッドライナーを務めることも発表されている。

この3日間のフェスティバルは、来年5月にリーズとバーミンガムとハットフィールドで開催され、パニック!アット・ザ・ディスコのほかにもオブ・マイス・アンド・メンやニュー・ファウンド・グローリーが出演する。

バーミンガムでの開催場所がNECに変わり、ジェンティング・アリーナ、屋内のパビリオン、屋外ステージのすべてでライヴが行われる。スラム・ダンク・フェスティバルの北部の開催地はリーズ・シティ・センターの様々な会場となっており、南部の開催地はハートフォードシャー大学内となっている。

今年のスラム・ダンク・フェスティバルは、他にもフォー・イヤー・ストロング、エブリー・タイム・アイ・ダイ、イシューズ、メンフィス・メイ・ファイヤー、リアル・フレンズなどの出演が発表されており、今後も40以上のアーティストが発表されるという。

今年のスラム・ダンク・フェスティバルの日程は下記の通り。

Leeds City Centre (May 28)
Birmingham NEC (May 29)
University of Hertfordshire (May 30)

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ