PBS

Photo: PBS

ジャック・ホワイトはラン・ザ・ジュエルズのキラー・マイクのトーク番組『ラヴ&リスペクト』に出演した映像が公開されている。

「パート1」と題された先週の放送でジャック・ホワイトはザ・ホワイト・ストライプス時代のキャリア、ステージ上での婚約と結婚、2022年にリリースされる2枚のアルバム『フィアー・オブ・ザ・ドーン』と『エンタリング・ヘヴン・アライヴ』について語っている。

ジャック・ホワイトは新型コロナウイルスのパンデミックの中で家具職人としての仕事に戻ることになったとも語っている。

「ロンドンにサード・マン・レコーズの店舗がオープンしたから、その内装も手掛けたんだ。あと、野球のバットを作るウォースティックという会社も共同経営しているから、ダラスにあるその本社も共同でデザインした。だから、2020年にはデザインの仕事がたくさんあって、2020年の末になってギターとピアノを手に取り始めたんだ」

高校でも貿易に関しては授業があるべきかとキラー・マイクに訊かれたジャック・ホワイトは次のように答えている。「間違いなく教えるべきだと思うね。絶対に必要なことだと思うよ」

結婚についてジャック・ホワイトは先日、結婚したことを公にするまでは私生活は明かさないようにしていたと語っている。「公開すべきだとか、過剰に公開すべきだという期待があるわけだけど、それが得意でうまくいく人もいると思う。そういう人にとっては楽しい体験なんだろうけど、自分に関する限りはあまり合っていないんだよね」

「自分にとって重要なことを公開することもあるんだろうけどね。ステージで結婚することになった時は、あの日は美しい日で、建物も自分や妻にとって重要な意味を持っていたからね。ふさわしい時だったように思えたんだ。ああはならなかったら、『そんなことはすべきじゃない』と思い続けていたと思う」

「自分が愛するものや大切なものを世に出した時、みんなに嗅ぎ回られて破壊されてしまうこともあるからね。そうすると残るのは自分にとって重要だったものが砕けた欠片だったりする。だから、自分にとって大事なものはごく一部を出すようにしているんだ」

キラー・マイクは先日『オザークへようこそ』の最新シリーズにカメオ出演を果たしている。本名をマイケル・レンダーというキラー・マイクは昨年の夏の時点で同作に出演することを明かしていた。

一方、ジャック・ホワイトはバズ・ラーマン監督による伝記映画『エルヴィス』のサウンドトラックに参加していることが明らかになっている。サウンドトラックにはエルヴィス・プレスリー自身の「オリジナル曲や音源」も収録され、エミネムやテーム・インパラも参加している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ