GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーは6月7日にトロントのスコティアバンク・アリーナで行われる予定だった公演の直前に『ジャスティス』の北米ツアーを延期することを発表している。

ジャスティン・ビーバーはインスタグラムのストーリーで非公表の病気のためにステージに立てなくなってしまったと述べている。「これを言うのが信じられません。よくなるためにあらゆることをやってきましたが、病気が悪くなってしまいました。(医師の指示で)今後、数公演を延期しなければならないことに胸を痛めています。すべての人々へ、愛しています。休んで、よくなるよ」

Bieber-Story-1

記事執筆時点で振替公演の日程は発表されていない。また、対象となる「今後、数公演」がどこまでになるかも判明していない。ツアー日程では今後トロント、ワシントンD.C.、ニューヨークでの公演が予定されていた。

『ジャスティス』のワールド・ツアーは当初2020年に予定されていた『チェンジズ』ツアーを含めて3度日程が変更されている。今年に入ってからもジャスティン・ビーバーが新型コロナウイルスで陽性になったために公演は延期されたが、ヨーロッパ・ツアーは2月から3月にかけて完遂されている。

ジャスティン・ビーバーは7月から北欧で公演を行う予定となっており、その後、南米、南アフリカ、インド、東南アジア、日本、オーストラリアでの公演が予定されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ