GETTY

Photo: GETTY

ロビー・ウィリアムスは地元ストーク=オン=トレントで行った公演でオアシスの名曲をカヴァーしている。

ロビー・ウィリアムスはポート・ヴェイルFCの本拠地スタジアムであるヴェイル・パークで6月4日に公演を行っている。

ロビー・ウィリアムスはライヴで“Do What U Like”と“Could It Be Magic”といったテイク・ザットの曲を披露したほか、オアシスの“Dont Look Back In Anger”を披露している。この日の公演でロビー・ウィリアムスは「グラストンベリー・フェスティバルに行って、ギャラガー兄弟と遊んでいた」からテイク・ザットを追われることになったと語っている。

アンコールでロビー・ウィリアムスは株主であるポート・ヴェイルFCのホーム・ユニフォームを公開し、プレーオフのトロフィーをステージで掲げている。

この日のセットリストは以下の通り。

Let Me Entertain You
Monsoon
Land Of 1000 Dances
Strong
Come Undone
Do What U Like
Could It Be Magic
Dont Look Back In Anger
Karma Killer
Bodies
Love My Life
Millennium
Hot Fudge
No Regrets
Kids
Feel
Rock DJ
Glad All Over
Better Man
Shes The One
Angels
Feel (a cappella)

ロビー・ウィリアムスは90年代中盤からギャラガー兄弟と確執を続けており、リアム・ギャラガーにボクシングの試合も申し込んでいる。後にロビー・ウィリアムスはギャラガー兄弟との言葉の応酬で落ち込んだと語っている。

「同世代の仲間と較べて、エンタテインメント界、ポップ・ミュージック界における自分のブランドは価値あるものと見なされていなかったし、今でもそうだよね」とロビー・ウィリアムスは2021年のインタヴューで語っている。「同じ雑誌を読んで、同じテレビ番組を見てたし、自分たちの世代が見出した同じ系統でありたいと思っていたけど、自分のしてきたことや自分の出してきたもの、自分の作ってきたもののために、価値がないと見なされてきたんだ」

これまで傷ついた言葉についてロビー・ウィリアムスは次のように語っている。「音楽界だとリアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーだよね。リアムとノエルだけじゃないけど、リアムは首と吊るべきだと言っていたし、よく知られているけど、ノエルはテイク・ザットの太ったダンサーと言ったんだ」

先日、ノエル・ギャラガーはロビー・ウィリアムスのヒット曲“Angels”について「まさにオアシス」だと述べている。

「テイク・ザットの太ったダンサー」とロビー・ウィリアムスを評していたノエル・ギャラガーはマット・モーガンによるポッドキャストで“Angels”について語っている。

「あれを聴いた時、『俺が書いていたらな』と思ったんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。「“Angels”はまさにオアシスだよね。あそこにエレクトリック・ギターを足したら、まさにそうなるよ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ