GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズリンゴ・スターはバークリー音楽大学から名誉博士号を贈られて、スピーチでドラムのアドバイスを披露している。

リンゴ・スターは先月名誉博士号を授与される予定だったが、出席できずにビデオ・メッセージを寄せていた。しかし、今回オール・スター・バンドとのツアーの中でリンゴ・スターは特別なセレモニーに出席することができている。

「すごいことだけど、そんなに言えることはたくさんないんだ」とリンゴ・スターは会場に卒業証書を見せながらスピーチを始めている。「僕が博士号なんて考えると、とんでもないよね」

「御存知の通り、僕は叩いていただけなんだ」とリンゴ・スターはドラムの技術について語っている。「それだけなんだ。叩いていたら、おそらく正しい場所で叩けていたんだろうね」

リンゴ・スターはその後ドラムセットに座って、子どもたちにドラムを教える時に見せる簡単なビートを叩いている。「もしこれができないのであれば、やさしく『君にはピアノが合っているかもしれない』と言うことにしているんだ」

「この話には裏があって、息子のザック・スターキーにも同じことを言ったんだけど、数週間後には別のことを教えることになったんだ」とリンゴ・スターは続けている。「彼が『父さん、できるようになったよ』と(複雑なドラムを叩きながら)言ってきたから『まあ、自分でやってみな』と言ったんだ。そしたら、彼はかなりうまくなったんだよ」

リンゴ・スターは次のように続けている。「不思議なおとぎ話のようだね。自分が働いていた工場でドラムの演奏を始め、隣の部屋の人物がギターを弾いていて、工場の親友がベースを弾いていた。それで、地下で男たちのために演奏したんだけど、それが最初のライヴだった。しかし、人生は素晴らしいね。ドラムのことは大好きだよ」

リンゴ・スターは結核の療養中に初めてのドラムを手にしたことを振り返っている。「そのドラムを叩いてみたんだけど、熱中したよ。その瞬間からドラマーになりたいと思ったんだ。それが自分の大きな夢で、それは今も続いているよ」

「いつまでも続くことはないんだろうけどね」とリンゴ・スターはスピーチを締めくくっている。「ただ、ありがとうと言いたいよ。愛と平和を」

リンゴ・スターはTOTOのスティーヴ・ルカサー、メン・アット・ワークのコリン・ヘイ、ウォーレン・ハム、グレッグ・ビソネット、アヴェレージ・ホワイト・バンドのハミッシュ・スチュアート、エドガー・ウインターと共に現在、北米ツアーを行っている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ