GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズはバンドが60年間続いてきた理由について語っている。

ザ・ローリング・ストーンズは現地時間6月1日にスペインのマドリード公演を行って「シックスティ」ツアーを開幕している。ツアーは名前の通り、1962年6月に結成されたバンドの60周年を記念したもので、この日のセットリストは23枚のスタジオ・アルバムのうち、9枚に及ぶものとなっている。

キース・リチャーズは『ザ・サン』紙にバンドがこれまで長く続いてきた理由について語っている。「人生は死ぬのは面白すぎるしな。やりたいことは何でもやってきた。怠けてなんかいられないしね。まあ、それに大量のコカインも使ってきたしな」

「60年なんて死ぬほど長いけど、どうやってやったと思う? 最も重要なことはバンドにいる連中が一緒にやりたいということだよな。それが手助けになるんだ」

彼は次のように続けている。「もちろん、浮き沈みはあったけど、最終的には一緒にやったほうがクリエイティヴになるってことに気づくんだ」

「それに、もちろん、60年間を通してお互いに慣れているというところはあるよね」

「ちゃんとリハーサルをやるバンドの特別なところはお互いをよく知っているし、次にどうなるか予測できるんだよ」

ザ・ローリング・ストーンズはマドリード公演でリリースから半世紀以上を経て、1966年発表の“Out of Time”をライヴで初披露している。

公演に先立って、数日にわたってワンダ・メトロポリターノ・スタジアムではリハーサルが行われていたとのことで、米『ローリング・ストーン』誌によれば、その中で“Out of Time”が聴こえてくることがあったという。リハーサルでは発表された1966年にしかライヴで演奏されたことのない“Mother’s Little Helper”も演奏されていたと報じられている。

ヨーロッパ・ツアーは7月まで続けられる予定で、リヴァプール公演ではエコー&ザ・バニーメンがサポート・アクトを務めることが決定している。

ロンドンでは2公演が行われ、初日にはサム・フェンダーとフィービー・ブリジャーズが、2日目にはザ・ウォー・オン・ドラッグスとコートニー・バーネットがサポート・アクトとして出演することが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ