GETTY

Photo: GETTY

ケイト・ブッシュはドラマ『ストレンジャー・シングス』で楽曲が使われたことで“Running Up That Hill”の再生回数が153%増加している。

ネットフリックスでは5月27日に『ストレンジャー・シングス』のシーズン4が公開されており、“Running Up That Hill”はその中で使われており、その後の回でもセイディー・シンク演じるマックス・メイフィールドに関連した重要な瞬間で使われている。

アルバム『愛のかたち』に収録の“Running Up That Hill”はスポティファイでの再生回数が153%増加したことで、“Wuthering Heights”を超えてケイト・ブッシュで最も人気の曲となっている。

『ストレンジャー・シングス』はシリーズ4前半のサウンドトラックも公開されており、後半のエピソードとサウンドトラックは7月1日に公開される。

シーズン4の前半のサウンドトラックにはジャーニー、トーキング・ヘッズ、ザ・クランプスらの楽曲が収録されている。

作品の説明には次のように記されている。「ホーキンス市に恐怖と破壊をもたらしたスターコートの戦いからは6ヶ月が経っていた。その余波に苦しんでいた友人たちは初めて散り散りになった。高校生活の複雑さを乗り越えてもそれが和らぐことはなかった」

「最も繊細な時期に新たな恐ろしい超自然的脅威が現れ、恐ろしい謎が提示される。もし解決したら、裏側の世界の恐怖にもやっと終わりが来るのかもしれない」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ