GETTY

Photo: GETTY

ロカビリーのレジェンドで、ザ・バンドの助言者だったロニー・ホーキンスが亡くなった。享年87歳だった。

訃報は妻のワンダによって現地時間5月29日に発表されており、CBCに対してワンダは次のように語っている。「彼は穏やかに亡くなりました。いつものようにハンサムでした」

アーカンソー州生まれのロニー・ホーキンスは音楽のキャリアを始めて、カナダのオンタリオに移住し、自身のバンドであるザ・ホークスにロビー・ロバートソン、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン、リック・ダンコを迎えている。後にボブ・ディランと演奏することになる彼らは最終的にザ・バンドとなり、ロニー・ホーキンスはその助言者だった。

ロビー・ロバートソンは訃報を受けてツイッターで追悼の意を表明している。「ザ・ホークが夕日の中に飛び去ったと聞いて、意気消沈している。ザ・バンドの物語はロニー・ホーキンスと共に始まった。彼は僕らの助言者だった。彼はツアーのルールを教えてくれた」ロビー・ロバートソンはロニー・ホーキンスを「すべてを起こすことになった人物」にして「ゴッドファーザー」と呼んでいる。

「ロンは自分のグループに常に一流のプレイヤーがいることを誇りにしていた。ザ・ホークスにはドラマーとしてレヴォン・ヘルムがいて、私はベース&ヴォーカルにリック・ダンコ、ピアノ&ヴォーカルにリチャード・マニュエル、オルガン&サックスにガース・ハドソンを雇うよう説得した。レヴォン・ヘルムと自分と共に、それは魔法のコンビネーションとなった」

「彼は私たちに朝方までリハーサルさせた。僕らは嫌がったが、どんどん良くなっていった。知っていたにせよ、知らなかったにせよ、それが私たちのゴールだった。ザ・ホークスがロニー・ホーキンスの下を離れて、僕らは独自のことをやり始めた後、ボブ・ディランに加わることになった。ザ・ホークスはザ・バンドとなり、そこから先は歴史の通りだ」

ロビー・ロバートソンは次のように続けている。「彼は素晴らしいアーティストにして途轍もないパフォーマーでバンドリーダーであるだけでなく、比類なきユーモアのスタイルを持っていた。笑いの分かる完全に唯一無二の人だった」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ