GETTY

Photo: GETTY

デュア・リパとカルヴィン・ハリスはコラボレーション・シングル“Potion”が5月27日にリリースされることが決定している。

両者は2018年に“One Kiss”でもコラボレーションしており、全英シングル・チャートで複数週にわたって1位を獲得している。

カルヴィン・ハリスはTikTokで曲に取り組み、デュア・リパが歌うことに同意する動画を公開している。

フェイスタイムでカルヴィン・ハリスがこの曲でコラボレーションしたいかどうかを尋ねると、デュア・リパは「もちろん」参加したいと応じている。

動画の後半では“Potion”の一部も公開されており、曲にはヤング・サグが参加しているとも報じられている。

@calvinharris

How I made Potion

♬ original sound – Calvin Harris

“Potion”は今夏にリリースされると見られているカルヴィン・ハリスのアルバム『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ vol.2』に収録されると見られている。新作は2017年発表の『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ vol.1』以来、5年ぶりとなる。

『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ vol.1』には“Slide”、“Heatstroke”、“Rollin”、“Feels”といったシングルが収録されている。

今年に入ってカルヴィン・ハリスはラヴ・リジェネレイター名義で新曲“Lonely”をリリースしている。カルヴィン・ハリスは7月にグラスゴーのハムデン・パークでライヴを行うことが決定している。

先日、デュア・リパは来たるサード・アルバムについて「50%が完成した」と述べており、「いい感じになってきている」と語っている。

「形になり始めたところなの。新曲のいくつかには本当に興奮していて、完成に向かっていくのを楽しみにしている」とデュア・リパはエルトン・ジョンに語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ