GETTY

Photo: GETTY

ホールジーはTikTokで拡散するのが「捏造」されるまでレーベルによって新曲が人質に取られていると述べている。

昨年、最新作『イフ・アイ・キャント・ハヴ・ラヴ、アイ・ウォント・パワー』をリリースしているホールジーは「I’m tired(私は疲れた)」と題した投稿を行っており、字幕でメッセージを記している。

新曲をかけた動画でホールジーは次のように述べている。「まず、すごく気に入っていて、できるだけ早くリリースしたい曲があるんだけど、でも、レコード・レーベルがそうさせてくれない」

「この業界で8年やってきて、1億6500万枚のレコードを売ってきた。私のレコード会社はTikTokで拡散されるのが捏造されるまではリリースできないと言っている」

「すべてはマーケティングね。基本的に最近はすべてのアーティストにこうしたことをやっている」

「私は音楽をリリースしたいだけ。正直、もう少し配慮してほしい。疲れたわ」

@halsey

I’m tired

♬ original sound – Halsey

今年3月の時点でホールジーは新曲を書いているとして、次のリリースのために「ポップ・アルバム」を作るつもりだと示唆していた。

インスタグラムのストーリーでホールジーは新作の進捗について次のように述べていた。「個人的な理由でポップ・アルバムを作るつもり」

「次にラジオ用にシングルとして出せればと思っているすごい曲がある。それはやりすぎとも思っている。『イフ・アイ・キャント・ハヴ・ラヴ、アイ・ウォント・パワー』のツアーもやってないしね。分からないけど」と彼女は続けている。「何曲かあるんだけど、どうすればいいのか分からないの」

ホールジーは2022年のNMEアウォーズでイノヴェーション賞を受賞している。

ホールジーはフジロックフェスティバル ‘22で7月31日のヘッドライナーを務めることが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ