PRESS

Photo: PRESS

ジェイムス・ブレイクは安眠アプリ「Endel(エンデル)」のためのアルバム『ウィンド・ダウン』が5月23日にリリースされている。

エンデルは神経科学に基づきパーソナライズされたサウンドスケープを用いて、集中、リラックス、睡眠をサポートするアプリとのことで、過去にはグライムス、ミゲル、アラン・ワッツ、リッチー・ホゥティンなどとコラボレーションを行っている。

今回のジェイムス・ブレイクとのコラボレーションである『ウィンド・ダウン』は、主に寝る前の健康的な習慣をサポートするように設計されているという。

アルバムのストリーミングはこちらから。

また、ジェイムス・ブレイクは今月5月20日に『アマゾン・ミュージック・ライヴEP』をリリースしており、“Life Round Here”と“I Keep Calling”のライヴ音源が収録されている。

https://music.amazon.com/albums/B0B17T1Q1V

今年1月、ジェイムス・ブレイクはラビリンスとのコラボレーションとなる楽曲“Pick Me Up”が公開されている。

これはHBOによるドラマ『ユーフォリア』シーズン2のサウンドトラックに提供された楽曲となっている。サウンドトラックにはラナ・デル・レイやトーヴ・ロー、ドミニク・ファイクらが参加している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ