PRESS

Photo: PRESS

ガンズ・アンド・ローゼズはフェスティバルへの出演が嵐のために中止となったことが明らかになっている。

ガンズ・アンド・ローゼズはフロリダ州デイトナ・ビーチにあるデイトナ国際スピードウェイで開催されていたウェルカム・トゥ・ロックヴィルに現地時間5月21日にヘッドライナーとして出演する予定だったが、天候のためにフェスティバルは途中で切り上げられている。

フェスティバルの主催者はガンズ・アンド・ローゼズが出演する約30分前となる22時前に声明を発表している。「残念ながら、新たな嵐が近づいており、心苦しくも今夜の残りの公演は中止となります。今日の荒れ模様の天気で予定が狂ってしまったことに、みなさんと同じくらい胸を痛めています。しかし、最終的にはファン、アーティスト、スタッフ、事業者の安全が何よりも重要です。車やキャンプ場に落ち着いて向かっていただければと思います。みなさんに感謝しますし、明日お会いできればと思います」

フェスティバルへの出演が中止となったことを受けて、ガンズ・アンド・ローゼズのギタリストであるスラッシュは次のようにツイートしている。

「今晩のウェルカム・トゥ・ロックヴィルが中止になったことには本当にがっかりしているよ。このライヴを楽しみにしていたんだけど、天気は違う考えだったようだね。僕らと共に雨にふられたみんなには同情するよ。最低だけど、できるだけ早く、次の機会に」

先日、ガンズ・アンド・ローゼズのフロントマンであるアクセル・ローズはステージコーチ・フェスティバルのキャリー・アンダーウッドのステージにゲスト出演して、ガンズ・アンド・ローゼズの曲を2曲披露している。

ステージコーチ・フェスティバルはコーチェラ・フェスティバルと同会場であるカリフォルニア州のエンパイア・ポロ・クラブで4月29日から5月1日にわたって開催されている。

キャリー・アンダーウッドは4月30日のヘッドライナーを務めて、アクセル・ローズと共に“Sweet Child O Mine”と“Paradise City”を披露している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ