GETTY

Photo: GETTY

ザ・フーは最新の北米ツアーでほぼ45年ぶりとなるオハイオ州シンシナティでの公演を行っている。

ザ・フーは1979年12月にシンシナティで行ったライヴで悲劇的な事故に見舞われている。リヴァーフロント・コロシアムの入場時に発生した事故で11人が亡くなって20人以上の負傷者が出ることになった。この事件を取り上げた2019年放送のドキュメンタリー『ザ・ナイト・ザット・チェンジド・ロック』ではロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントがインタヴューに答えている。

2020年にライヴを行う予定だったザ・フーは現地時間5月15日にシンシナティのTQLスタジアムで公演を行っている。バンドは出演料を放棄しており、すべての収益は地元のチャリティ団体に寄付される。11人の犠牲者のうち、9家族が公演には招待されており、VIPチケットが贈られている。

「何て言おうか、何を言ったらよくて、何を言ったらよくないか、ずっと考えていたんだ」とピート・タウンゼントは観客に語っている。「みんなが今夜来てくれて、このイベントを応援してくれた事実に見合う言葉はないよ。本当にありがとう」

観客が撮影したパフォーマンス映像はこちらから。

『シンシナティ・エンクワイアラー』紙はザ・フーが“Love, Reign O’er Me”のパフォーマンスで犠牲者に追悼の意を表したことも報じている。スクリーンには11人の犠牲者のモノクロ写真が映し出され、全員の名前も表示されている。

最初のアンコールの前にはパール・ジャムのエディ・ヴェダーのビデオ・メッセージも上映されている。北米ツアー中のエディ・ヴェダーは観客に「出演したかった」けれど、出演できなかったことを伝えている。「みんなのことを考えているんだ。あの若者たちを思い出すことは素晴らしいことであり、忘れ去られることはないだろう」

エディ・ヴェダーはパール・ジャムのコンサートでも死者が出た時にロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントが支えてくれたことにも言及している。パール・ジャムは2000年のロスキルド・フェスティバルで演奏中に9人が亡くなっている。

この日最後に演奏された“Baba O’Riley”では近くの学校であるフィニータウン高校の生徒が加わっている。1979年の犠牲者のうち3人はフィニータウン高校に通っていて、P.E.M.追悼奨学金も設立されている。

「乗り越えられなくても生きていかなくちゃいけない」とロジャー・ダルトリーは最後に一礼する時に語っている。

ザ・フーによる「ヒッツ・バック!」ツアーは5月28日に行われるニューヨーク州ベセルの公演で締めくくられる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ