GETTY

Photo: GETTY

ガール・イン・レッドはリリースから1年を迎えたデビュー・アルバムより“hornylovesickmess”のミュージック・ビデオが公開されている。

ガール・イン・レッドは昨年4月にデビュー・アルバム『イフ・アイ・クドゥ・メイク・イット・ゴー・クワイエット』をリリースしており、“hornylovesickmess”のミュージック・ビデオはドラマ『ユーフォリア』への出演で知られるハンター・シェイファーが監督を務めている。

“hornylovesickmess”のミュージック・ビデオはこちらから。

「“hornylovesickmess”はアルバムでも最も好きな曲の一つです。アルバムが1周年を迎えるにあたってハンター・シェイファーとミュージック・ビデオを作ることができるのはクールだった。初めて遊んだ時からたくさんのアイディアが出てきて、こうして別のクリエイティヴな人と一緒にいられるのはクールだった。セットで監督としての彼女の空気を感じたのも楽しかった」

今年2月、ガール・イン・レッドはコロンビア・レコーズと新たに契約したことが明らかになっている。

本名をマリー・ウルヴンというガール・イン・レッドはこれまでインディペンデントなミュージシャンに従来のレコード契約とは違う選択肢を提供していたアーティスツ・ウィズアウト・ア・レーベルから作品をリリースしてきた。

2021年4月にリリースしたデビュー・アルバム『イフ・アイ・クドゥ・メイク・イット・ゴー・クワイエット』の成功を受けて、ガール・イン・レッドは今後はコロンビア・レコーズから作品をリリースする契約を結んでいる。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ