GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーはキャンセル・カルチャーについての見解を語り、キャンセルしようとする人たちを「つまらない奴」と評している。

新たなインタヴューでリアム・ギャラガーは他者の過ちを糾弾するコールアウト・カルチャーについて語り、最終的には人をキャンセルすることはできないと述べている。

「キャンセルしている奴というのは一体どんな奴なんだ。失せやがれという感じだね」とリアム・ギャラガーはポッドキャスト『ザ・2ジョニーズ』で語っている。「家にでも来ない限り、キャンセルすることなんかできないわけでさ。自分のことはやっていけばいいし、全員を代弁しているわけじゃないんだ」

彼は次のように続けている。「キャンセルしている人というのはキャンセルの世界を代弁しているわけでね。誰しもを代弁しているわけじゃない。今もライヴをすることはできるし、自分の言ったことを気に入ってくれる人も別にいる。かかってこいってね。つまらない奴らだよな」

リアム・ギャラガーはソロ・サード・アルバム『カモン・ユー・ノウ』を5月27日にリリースすることが決定している。アルバムからは“Everything’s Electric”、“Better Days”、“C’mon, You Know”が公開されている。

リアム・ギャラガーは今夏に多くの大規模公演を行う予定となっており、そこにはネブワースでの2公演も含まれている。

リアム・ギャラガーはポール・“ボーンヘッド”・アーサーズが扁桃腺ガンであることを明かしたことを受けて、「大きな愛を送る」と述べている。

ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズは現地時間4月26日にツイッターで報告して、療養に入ると述べている。

リアム・ギャラガーは息子と共にスカイで放送される1時間の特別番組『リアム・ギャラガー:24アワーズ・アット・ロック・フィールド』に出演することが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ