Peter Eason Daniels

Photo: Peter Eason Daniels

ソーリーはニュー・シングル“There’s So Many People That Want To Be Loved”が公開されている。

プレス・リリースによれば、“There’s So Many People That Want To Be Loved”は「今年予定されている今後の充実したリリースからの最初の楽曲」になるという。

新曲はミュージック・ビデオと共に公開されており、ソーリーのアーシャ・ローレンスは次のように述べている。「“There’s So Many People That Want To Be Loved”は悲しくて笑えるラヴソングになる曲だった」

「別れて孤独になって、『もう二度と恋なんてしない』と思った時は泣いてしまうけれど、笑おうとすることもできる。笑って、そんな人間じゃないでしょと思うほうが楽だったりもして、でも次の瞬間には世界でも最も孤独な気分になるのよ」

“There’s So Many People That Want To Be Loved”は2021年にリリースされたEP『Twixtustwain』以来の新曲となっている。バンドは2017年に制作したミックステープ『ホーム・デモ Vol.1』、『ホーム・デモ Vol.2』もデジタルでリリースしている。

ソーリーは今夏スリーフォード・モッズのサポート・アクトとしてUKツアーを行うことが決定している。

ソーリーは2020年3月にデビュー・アルバム『925』をリリースしている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ