GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは国際的なツアーを行うために「オウムのように言語を学んで」いかなければならないと語っている。

現在78歳のミック・ジャガーはツアーに出る時のために様々なヨーロッパの言語を学んでいると『デイリー・スター』紙の新たなインタヴューで語っている。

「国際的なコンサートをやる時というのはいつも言語を学んでいるんだけどね。でも、オウムのように学ばなきゃいけないんだ」

ミック・ジャガーは滞在していた時間が長かったことからフランス語は比較的得意であるものの、ドイツ語には苦労していることを明かしている。

「ドイツ語は得意じゃないんだよね。今回はスペインから始まるんだけど、スペイン語はちょっと知っているから、まだ楽なほうなんだ。フランス語はもっと得意だね。フランスではかなりの時間を過ごしたからね。子どもの頃、11歳ぐらいからフランス語は話していたし、フランスにはよく旅行にも行っていた。両親が連れて行ってくれたんだ」

来たるツアーのセットリストについて訊かれると、ミック・ジャガーは口を閉ざしたものの、次のように語っている。「リハーサルの時に十分な数の曲を準備しておきたいよね。そうすれば、いい選曲ができるし、毎晩同じ曲をやらなくて済むわけだから。人々も楽しませることができるし、バンドへの関心も維持することができる」

ミック・ジャガーは次のように続けている。「セットリストには実際のリストのリズムが重要なんだよ。あまり速くに変化をつけてもダメなんだ。曲単体じゃないんだよね。ステージにいる数時間の曲の流れで決まるんだよ。みんなの関心をつかむ曲で始めたいものだけれど、自分は変化をつけるのが好きでね。だから、毎晩、同じ曲で始めるのはあまり好きじゃないんだ」

ザ・ローリング・ストーンズは結成60周年を記念したヨーロッパ・ツアーを6月1日のマドリッド公演を皮切りに、ミュンヘン、リヴァプール、アムステルダム、ベルン、ミラノ、ロンドン、ブリュッセル、ウィーン、リヨン、パリ、ゲルゼンキルヒェン、ストックホルムで行うことが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ