Mike Hipple

Photo: Mike Hipple

ニルヴァーナのベーシストであるクリス・ノヴォゼリック、サウンドガーデンのギタリストであるキム・セイル、パール・ジャムのドラマーであるマット・キャメロンといったメンバーによる新バンド、サード・シークレットはパフォーマンス映像が公開されている。

サード・シークレットには他に80年代のハードコア・バンド、ヴォイドに参加していたギタリストのジョン・“ブッバ”・デュプリー、クリス・ノヴォゼリックとジャイアント・イン・ザ・ツリーズで共演してきたジリアン・レイとジェニファー・ジョンソンがヴォーカルで参加している。

シアトルのミュージアム・オブ・ポップ・カルチャーの前で撮影された“I Choose Me”のパフォーマンス映像はこちらから。

先日、サード・シークレットは11曲を収録したデビュー・アルバムもリリースしている。アルバムのレコーディングは3回のセッションによって構成され、すべてにニルヴァーナやサウンドガーデンを手掛けてきたジャック・エンディーノが参加している。ジャック・エンディーノはアルバム全体のミキシングを担当し、3曲でエンジニアを務めており、ネイト・ヤッチーノが5曲、エリック・フレンドが残りの3曲のエンジニアを務めている。

エリック・フレンドは“Dead Sea”と“Rhythm Of The Ride’”でシンセサイザーも担当しており、マーティン・リンクはマット・キャメロンの代わりに“Live Without You”と“Right Stuff”でドラムを担当している。

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ