GETTY

Photo: GETTY

ジョン・ライドンはダニー・ボイルが監督したセックス・ピストルズの伝記映像作品について再び批判しており、「お荷物」と述べ、他のバンド・メンバーの才能に疑問を呈している。

5月31日にディズニープラスで配信される『ピストル』はスティーヴ・ジョーンズによる2018年刊行の回顧録『ロンリー・ボーイ:テイルズ・フロム・ア・セックス・ピストル』を原作としている。脚本はクレイグ・ピアースが手掛けている。

先日、ジョン・ライドンはこのドラマについて彼の同意なく製作されたとして「中流階級の空想譚」であり、「真実とは似ても似つかない」と批判していた。

今回、『ザ・サン』紙のインタヴューでジョン・ライドンはプロダクションの過程から彼を外したスティーヴ・ジョーンズとポール・クックを批判している。

「自分を外すなんてショックを受けるほど愚かな行動だよ」とジョン・ライドンは述べている。「バカげているよ。本末転倒だろ」

「くたばればいいのにね。あいつらがお荷物だと知りながら、長年にわたって何年も支えてきたのにさ」

ジョン・ライドンは次のように続けている。「俺がいなければ、あいつらの誰もキャリアなんてなかったわけだろ。これまでも何もやってこなかったし、今後も何かをすることはないだろうね」

アンソン・ブーンは『NME』に本作について次のように説明している。「これは負け犬の物語なんだ。これはずっと語られるべき価値のある物語だと思うし、ずっと現在進行系だと思う」

ジョン・ライドンは絶えず『ピストル』を批判しており、以前には「これまででも耐えなければいけなかった最大の冒涜」と述べていた。

昨年、『ピストル』の広報担当者はこの映像作品についてジョン・ライドンのマネージメントに連絡をとったものの、「最終的に直接のコンタクトはとれなかった」と述べている。

ジョン・ライドンは『ピストル』でのセックス・ピストルズの音楽使用を拒否して裁判を行ったが、敗訴している。

スティーヴ・ジョーンズとポール・クックはは1998年に交わしたバンドメンバーによる合意で、音楽使用に対する話し合いは「多数決」で決めることができるという条項があると主張していた。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ