GETTY

Photo: GETTY

ブラーのデーモン・アルバーンはコーチェラ・フェスティバルでビリー・アイリッシュのステージにゲスト参加して2曲で共演を果たしている。

デーモン・アルバーンはビリー・アイリッシュと共演して、彼女の楽曲“Getting Older”とゴリラズの楽曲“Feel Good Inc”を披露している。

ビリー・アイリッシュはコーチェラ・フェスティバルのステージでカリードとも共演して“Lovely”を披露している。

先日、デーモン・アルバーンは『ロサンゼルス・タイムズ』紙のインタヴューでビリー・アイリッシュのソングライティングに賛辞を寄せ、彼女のことを「別格」と評していた。

「興味深いソングライターはビリー・アイリッシュと彼女の兄だよね。常にアップビートというわけではなく、ダークな部分がある。もっとマイナーで、風変わりな感じなんだよね。彼女は別格だと思うよ」

このインタヴューでデーモン・アルバーンはテイラー・スウィフトについて自分で曲を書いていないと語ったことで批判が寄せられており、テイラー・スウィフト本人も次のように述べている。

「デーモン・アルバーン、この記事を見るまではあなたの大ファンだった」と彼女はツイートしている。「私は自分の曲をすべて書いている。あなたの釣り発言は完全に嘘だし、本当に迷惑ね。私の曲を好きじゃなくてもいいけど、私のソングライティングを貶めようとするのはメチャクチャな話だと思う」

デーモン・アルバーンはテイラー・スウィフトのツイートに対して反応を示し、自分の発言が「クリックベイト」にされてしまったと述べている。「君に完全に同意するよ。ソングライティングについて話していたのにクリックベイトにされてしまったんだ。素直に無条件に謝罪するよ。私が最もしたくないのは君のソングライティングを貶めることだ。理解してくれることを願うよ」

今年のコーチェラ・フェスティバルではアーケイド・ファイアがサプライズ出演を果たしたほか、初日のヘッドライナーを務めたハリー・スタイルズはシャナイア・トゥエインと共演して、“Man! I Feel Like a Woman!”と“You’re Still The One”を披露している。

カーリー・レイ・ジェプセンは新曲“Western Wind”を初披露しており、ジャスティン・ビーバーは“Peaches”でダニエル・シーザーのステージにゲスト出演している。

フィービー・ブリジャーズのステージにはアーロ・パークスがゲスト出演して、2曲で共演している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ