PRESS

Photo: PRESS

ピンク・フロイドはウクライナの支援のために28年ぶりの新曲をリリースしている。

“Hey, Hey, Rise Up”と題された新曲はウクライナのバンド、ブームボックスのシンガーであるアンドリーイ・クリヴニュークのヴォーカルをサンプリングしたもので、1994年の『対』以来のオリジナル曲となっている。すべての収益はウクライナ人道支援募金に寄付される。

デヴィッド・ギルモアとニック・メイスンに、ピンク・フロイドのベーシストを長く務めたガイ・プラット、キーボードにはニテイン・ソーニーが加わったメンバーは3月30日に“Hey, Hey, Rise Up”のレコーディングを行い、同日にマット・ホワイトクロスによってミュージック・ビデオも撮影されている。

“Hey, Hey, Rise Up”のミュージック・ビデオはこちらから。

デヴィッド・ギルモアは新曲について次のように語っている。「幅広く支持されて注目を集めることを願っている。人道的なチャリティのため資金を集め、士気を高めたい。僕たちはこのような形でウクライナへの支持を表明したいんだ。そして、そうすることによって、超大国がウクライナのような民主主義の独立国家を侵攻するのは間違っていると世界の大半の人々が思っているということを示したい」

ウクライナ人の義理の娘と孫を持つデヴィッド・ギルモアは次のように続けている。「世界の超大国のひとつが平和な民主主義の独立国家を侵攻しその人民を殺しているという卑劣な行為に、僕たちもたくさんの人々と同じように憤りと苛立ちを感じてきた」

新曲の作られた経緯についてデヴィッド・ギルモアは次のように語っている。「2015年に、メンバーが投獄されてしまったベラルーシ・フリー・シアター(注:ベラルーシの地下組織劇団)を支援するコンサートをロンドンのココで行なったんだ。プッシー・ライオットとウクライナのバンド、ブームボックスも出演していた。彼らも自分たちのセットを演奏するはずだったけれど、シンガーのアンドリーイにビザの問題があって、残りのメンバーが僕のセットのバックを務めてくれたんだ。その晩はアンドリーイに“Wish You Were Here”を捧げた。最近、アンドリーイがブームボックスのアメリカ・ツアーを離れてウクライナに帰国して、領土防衛隊に参加したという記事を読んだ。その後インスタグラムで素晴らしい動画を見たんだ。彼がキーウの、美しい金色のドーム屋根のある教会のある広場に立っている。そして、戦争のせいで交通や喧騒のまったくない静かな街の中で歌っているんだ。とても力強い瞬間だった。それを音楽にしたいと思ったんだ」

先月、ピンク・フロイドとデヴィッド・ギルモアはウクライナへの支持を表明するためにロシアとベラルーシのストリーミング・サービスから音源を引き上げている。

ピンク・フロイドは次のようにツイートしている。「ロシアによるウクライナ侵攻を強く非難する世界と協調するためにもピンク・フロイドの1987年以降の音源とデヴィッド・ギルモアの全音源を本日よりロシアとベラルーシのデジタル音楽供給網から引き上げることにします」

デヴィッド・ギルモアは先日ウクライナ侵攻を受けて、ロシア軍兵士に向けて次のようにツイートしていた。「ロシア軍の兵士へ、自分の兄弟を殺すのは止めてください。この戦争に勝者などいません。義理の娘がウクライナ人で、私の孫娘はその美しい国を訪れて知りたがっています。すべてが破壊されてしまう前に止めてください。プーチンは去らなければなりません」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ