GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズは結成60周年を記念してバンドメンバーの独占インタヴューを含むBBCによるドキュメンタリーとラジオ番組が放送されることが決定している。

全4話の『マイ・ライフ・アズ・ア・ローリング・ストーン』は今夏にBBC 2で放送される予定で、それぞれ1時間の放送で、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロニー・ウッド、チャーリー・ワッツという4人のメンバーを取り上げたものとなる。

昨年亡くなったチャーリー・ワッツを除いて新たなインタヴューが収録され、未発表の映像と共にその多忙なキャリアを振り返る「徹底的なポートレイト」になるという。

チャーリー・ワッツの回は過去のインタヴューやメンバーやミュージシャンからのコメントで構成される。

P.P.アーノルド、クリッシー・ハインド、ロッド・スチュワート、ティナ・ターナー、スティーヴン・タイラーらが出演することも決定している。

このドキュメンタリーはマーキュリー・スタジオの製作で、過去のパフォーマンス映像に新旧のインタヴューが挟み込まれる形となる。

ザ・ローリング・ストーンズのマネージャーであるジョイス・スミスは次のように語っている。「世界中のファンにバンドの魅力的で新たな側面をお届けする4編の映像でザ・ローリング・ストーンズの60周年を祝えることに興奮しています」

BBCのローナ・クラークは次のように述べている。「100周年を迎えたBBCにとって世界で最も重要なロック・グループの一つである彼らの60周年を祝うのに、これ以上の年はないのではないでしょうか」

「ザ・ローリング・ストーンズは何十年にもわたって偉大なブリティッシュ・ロックンロールのアンバサダーとなり、世界で愛されてきました。BBCが世界初のテレビ番組を含む特別番組を視聴者にお届けできることを喜んでいます」

マーキュリー・スタジオのCEOであるアリス・ウェッブは次のように続けている。「映像制作者として並外れたプロジェクトに取り組むことはあるわけですが、これがまさにその一つです。彼らの音楽、威厳、ステージでの比類なき存在感については知っているわけですが、この美しく細部に渡る映像を通して彼らを偉大たらしめているものを探りながらその栄光を見ることになるでしょう」

「その途轍もない人生とキャリアに光を当てるのにあたってザ・ローリング・ストーンズと仕事をできるのは光栄なことです。世界中のファンに観てもらうのが待ちきれません」

ドキュメンタリーに加えて『クロスファイアー・ハリケーン』や『トータリー・ストリップド』といった過去の映像作品もBBCでは配信される。また、2時間のラジオ番組『ローリング・ウィズ・ザ・ストーンズ』がBBCラジオ2で今夏に放送される。

ミック・ジャガーはアップルTV+で配信されるドラマ『窓際のスパイ』に提供した新曲“Strange Game”がリリースされることが決定している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ