GETTY

Photo: GETTY

アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンは1993年に一度バンドを脱退したのは「アイアン・メイデン以外のことを学びたかった」からだと語っている。

ブルース・ディッキンソンは1981年にアイアン・メイデンにヴォーカリストとして加入して、1993年に脱退したものの、1999年に再び加入している。

ブルース・ディッキンソンはカナダのモントリオールで行われたスポークンワードの公演で一度脱退した理由について語っている。「ずっとアイアン・メイデンにいたら、アイアン・メイデンにいる時のことしか学べないからね。アイアン・メイデン以外のことを学ぶためにも脱退する必要があったんだ。というのも、脱退しなかったら、誰も真剣に受け止めなくなってしまったはずだよ。『彼を尊重しよう。ソロ・アルバムを作って、楽しんでもらって、アイアン・メイデンに戻ってくればいいんだ』ということになってしまうわけだからね。それが嫌だったんだ。だから『クソ、辞めてやる』と思った。みんなには『ソロのキャリアがうまくいかなかったらどうするんだ?』と言われたよ」

ブルース・ディッキンソンは現在、アイアン・メイデンに在籍しながらソロ・アルバムに取り組むということを両立させている。

今年1月、ブルース・ディッキンソンはソロとしてのニュー・アルバムに取り組んでいることを発表している。

「1月後半から始まる一人でのスポークン・ワードのツアーでアメリカに行くことは決まっているからね」とブルース・ディッキンソンは『ラウド・ワイアー』に語っている。

「3月の終わりに一人でのツアーが終わったら、そこからは3週間ほど時間をつぶすことになると思っているよ。暗い部屋で数日横になって、ツアーの疲れを癒やして、そこから歌い手としての顔でロイと話をすることになるんじゃないかな。僕らにはたくさんの音源があるんだけど、ちょっとまとめなきゃいけないんだよね」

「デモなんかはあるんだけど、ちゃんとまとめる必要があったね。もう少し本腰を入れなきゃならないはずだよ。もう少し曲も書かなきゃいけないはずだ。そこからはロイに任せることになる。僕らがやりたいことをやった後で、彼はバッキング・トラックなんかを始められるんだ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ