PRESS

Photo: PRESS

ワンリパブリックはアメリカのテレビ番組『ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン』で最新シングル“West Coast”を披露した映像が公開されている。

“West Coast”は昨年11月にリリースされたシングル“Sunshine”に続く楽曲となっている。

パフォーマンス映像はこちらから。

ワンリパブリックは昨年8月に5年ぶりとなる通算5作目のアルバム『ヒューマン』をリリースしている。

ライアン・テダーは新作について前作から間が空いたことについて、それまでの活動で完全に疲れ切ってしまい、しばらく音楽活動から離れたと語っている。しかし、その後、ジョナス・ブラザーズやマイリー・サイラス他アーティストたちのソングライティングに関わり、ヒットソングを生み出したことで、ワンリパブリックとしての音楽活動を再開させている。

「アルバムの中には2018年とかに作曲を始めた曲が1、2曲あるかもしれないが、書き始めたほとんどが本当に2019年の初めのことだよ。これは僕らにとっての第2章で、このアルバムでスタートできることに興奮しているよ」と彼は語っている。「愛、不安、希望。この3つの言葉で表現できる作品になっている」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ