GETTY

Photo: GETTY

プロディジーはキース・フリントが亡くなってから3年を迎えたことを受けて追悼の意を表している。

キース・フリントは2019年3月4日に自殺で亡くなっている。享年49歳だった。

2021年3月にもプロディジーは追悼の意を表していたが、今年もソーシャル・メディアへの投稿を行っている。

プロディジーは3点の写真を投稿しており、リアム・ハウレットとマキシムは次のように述べている。「3年が経った……毎日毎日、君のことが惜しまれるよ。でも、常に自分たちの周りに君がいるのを感じているんだ」

「君の炎が消えることはない。パンクでいてくれ。永遠に生きるんだ」

昨年9月、プロディジーのキース・フリントの壁画が2021年の世界自殺予防デーに際してロンドンのハックニーで壁画が公開されている。ヘッドストック・フェスティバルとの協力でストリート・アーティストの「Akse P19」が壁画を手掛けている。

壁画についてプロディジーのリアム・ハウレットは次のように語っている。「僕らに切迫した目的のためにこれを実現するために協力してくれたすべての人に敬意を。Akse P19はキース・フリントを誇りにしてくれたんだ」

ヘッドストック・フェスティバルの創始者であるアシア・アル・スリムは次のように語っている。「キース・フリントはオリジナルのファイアスターターでした。彼はエレクトロニック・ミュージックの真の先駆者で、何度かの機会でプロディジーでパフォーマンスする彼を見れたことは幸運でした」

「オフステージでキース・フリントはメンタル・ヘルスで苦しんでいました。彼は自身の『暗い時期』について率直に語りました。悲しいことに彼はそのために自殺することになりました。キース・フリントを忘れず、彼の炎を明るく燃やし続けるために、そして24時間メールでのサポートをするシャウト85258の認知を上げるために今回の壁画は作られました」

「壁画を見た人がメールで秘密保持による援助を受けられることを知る手助けとなればと思います」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ