GETTY

Photo: GETTY

キッスのジーン・シモンズはリアム・ギャラガーの息子であるジーン・ギャラガーの名前は自分にちなんだものと主張している。

リアム・ギャラガーは2番目の妻であるニコール・アップルトンとの間に次男のジーン・ギャラガーをもうけていて、彼は現在20歳を迎えている。

ジーン・ギャラガーの名前の由来についてはリアム・ギャラガーはこれまでジャズ・ドラマーのジーン・クルーパに由来していると語ってきたが、今回、ジーン・シモンズは『メタル・ハマー』誌のインタヴューで別の説を唱えている。

「リアム・ギャラガーがピッツバーグのホテルにチェックインしようとしている時に会ったことがあるのを覚えているよ。『やあ、俺は大ファンなんだ。“Wonderwall”は大好きだね』と伝えたんだ」とジーン・シモンズは語っている。

「それで話し始めることになって、彼も『俺も大好きだよ。子どもの1人にはあなたの名前をつけたんだ』と言っていたんだ」

リアム・ギャラガーは最新シングル“Everything’s Electric”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Everything’s Electric”は5月27日にリリースされるソロ・アルバム『カモン・ユー・ノウ』に収録される。『カモン・ユー・ノウ』は2019年発表の『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』に続く作品となる。

モノクロのミュージック・ビデオはチャーリー・ライトニングが監督を務めており、新たなパフォーマンス映像とライヴの映像を組み合わせたものとなっている。

“Everything’s Electric”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ