GETTY

Photo: GETTY

ザ・リバティーンズのピート・ドハーティは「呼吸器の感染症」が判明して、現地時間2月24日にブリストルで予定されていた公演をキャンセルしている。

延期されていた「ギディ・アップ・ア・ディンドン」ツアーを行っているザ・リバティーンズはソーシャル・メディアで状況を説明している。

「今夜、高熱と息切れを発症したピート・ドハーティの症状を確認するために医師を呼びました」と投稿は始まっている。「有り難いことに新型コロナウイルスは陰性でしたが、すぐに治療が必要な呼吸器の感染症と診断されている」

「残念ながら、簡単な決断ではありませんでしたが、この状況では今夜は公演を行わないように忠告を受けました。彼は医師の手厚い看護下にあります」

ザ・リバティーンズは週末に予定されているロンドンのO2フォーラム・ケンティッシュ・タウンでの2公演を行うかについても明らかになっていない。「週末の公演については明日の午後、更なる情報を発表します」とザ・リバティーンズは述べている。

先日、ピート・ドハーティはグラスゴー刑務所で会った囚人と自身のレーベルで契約するつもりであることを明かしている。

ピート・ドハーティは人体デッサンのクラスでモデルを務めるためにグラスゴー刑務所を訪れている。ピート・ドハーティはモデルを務めている間にギターを演奏していたという。

また、ピート・ドハーティはフレデリック・ローとのコラボレーションとなるニュー・アルバム『ザ・ファンタジー・ライフ・オブ・ポエトリー&クライム』を3月18日にリリースすることを発表している。

一方、ザ・リバティーンズは今年8月に開催されるサマーソニック2022に出演することが決定している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ