GETTY

Photo: GETTY

プロコル・ハルムのリード・シンガーだったゲイリー・ブルッカーが亡くなった。享年76歳だった。

ピアニスト、作曲家、作詞家として活動したゲイリー・ブルッカーはガンを患っており、プロコル・ハルムの公式サイトで発表された声明によれば週末に自宅で亡くなったという。

声明ではゲイリー・ブルッカーについて「音楽業界においてまばゆく輝く代えがたい光」と評されており、「個性豊かな才能を発揮して発展させた」と記されている。

「プロコル・ハルムでのファースト・シングル、1967年発表の“A Whiter Shade of Pale”はサマー・オブ・ラヴを決定づけた曲として広く認知されていますが、同時代の特徴的なレコードとはいささか違ったものでもありました」

「ゲイリー・ブルッカーの声とピアノはプロコル・ハルムの50年に及ぶ国際的なコンサート・キャリアを唯一決定づけるものでありました。ステージに仕掛けがなくとも、彼は常に公演で最も観るべきミュージシャンでした」

声明ではゲイリー・ブルッカーの「カリスマ性はステージに限ったものではなかった」とも述べられている。

「彼の入った部屋は明るくなり、様々な言語のファンへのやさしさは伝説的なものでした。彼はその個性、誠実さ、時には頑固なほどのエキセントリックさで知られていました。彼の辛辣なウィットとバカバカしさへの欲求は彼を掛け値のない話し手にしました」

「彼は何より1965年に出会い、1968年に結婚した妻のフランキーの献身的で誠実な夫であったのです」

“A Whiter Shade of Pale”は1967年のサマー・オブ・ラヴの初めにリリースされて、リリースから2週間後に全英シングル・チャートの1位を獲得している。同曲はアメリカやヨーロッパのチャートも制覇して、1000万枚以上のセールスを記録している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ