GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランはサフォークの所有地にある教会に埋葬室を建設する計画に許可が出されている。

エド・シーランは昨年12月に自身が育ったフレイムリンガムにほど近い土地に関しての申請を東サフォーク議会に提出している。

『ガーディアン』紙によれば、エド・シーランは「瞑想と祈りのための隠れ家」と評される教会に埋葬室を建設する許可を求めていた。

差し戻しを経て2019年に許可された教会は現在建築中で、石造りの建物はステンドグラスの窓、螺旋階段の塔、金属製の屋根が盛り込まれている。

埋葬室はおよそ墓石2つ分となる2.7m x 1.8mのスペースで、建物の裏にある石版の下に設置される。

今回『ザ・サン』紙によれば、エド・シーランは地元住民1人の強い反対があったものの、東サフォーク議会の景観保護の担当者から許可を得ている。

埋葬室の最終許可は地元の評議員によって告げられることになる。

エド・シーランはダニ・フィルスによればクレイドル・オブ・フィルスとのコラボレーションの可能性が浮上している。

「エドが曲に参加したい思いを伝えてくれてね。今はどのような選択肢があるかを見ているところなんだ。とりあえずはそういう状況だね」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ