GETTY

Photo: GETTY

オリヴィア・ロドリゴはデビュー・アルバム『サワー』の作曲過程を追った新たなドキュメンタリー『ドライビング・ホーム・トゥ・ユー(ア・サワー・フィルム)』のトレイラー映像が公開されている。

オリヴィア・ロドリゴはインスタグラムでドキュメンタリーについて明かしており、本作はディズニープラス独占で3月25日に公開される。

ステイシー・リーが監督した『ドライビング・ホーム・トゥ・ユー』はオリヴィア・ロドリゴが『サワー』の作曲を行っていたソルト・レイク・シティからロサンゼルスに移る旅路を追ったものとなっている。本作には私的なアングルも含まれており、視聴者はアルバムの作曲過程やその思い出を見ることができる。『サワー』はデビュー・シングル“Drivers License”のリリース後、昨年5月にリリースされている。

プレス・リリースには『ドライビング・ホーム・トゥ・ユー』に「彼女の曲の新たなライヴ・アレンジ、貴重なインタヴュー、アルバム制作時の未公開映像」が含まれているとされている。また、『サワー』に収録の11曲をオリヴィア・ロドリゴがモハーヴェの飛行機の墓場、映画で使われてきたロイズ・モーテル・アンド・カフェ、実験都市のアーコサンティ、レッドロック・キャニオン州立公園といったそれぞれ独自の場所で披露しており、ジェイコブ・コリアー、ブルー・デタイガー、トーワ・バードが参加している。

ディズニー・テレヴィジョンの代表取締役であるエイヨー・デイヴィスは次のように語っている。「これは独自の映像体験で、初めてどうやってアルバムができて、オリヴィアにとって個人的な記録になったのか理解することになるでしょう」

「これはコンサート・フィルムではありませんが、オリヴィア・ロドリゴがどうやって今日における世界最大の音楽スターの1人になったのか目撃することができます。そして、彼女はこれまでにない形で『サワー』の楽曲を披露しています」

先月、オリヴィア・ロドリゴは“Drivers License”の1周年を記念して、曲を書いた翌日か翌々日に“Drivers License”を演奏した映像を公開している。

キャプションには次のように記されている。「私の人生を変えてくれた曲の1歳の誕生日、おめでとう。曲を書いた翌日か翌々日にリヴィング・ルームでこの映像を撮影したの(音のなるサステイン・ペダルとね)。どれだけすぐに人生が変わったかを考えるとクレイジーね。私をあたたかく応援してくれたみなさん、ありがとう。ミュージックはこの世界において最もマジカルなものだった」

先日、アレクサンダー23はオリヴィア・ロドリゴとの共作となる新たなシングル“Hate Me If It Helps”が公開されている。

▶ ビートルズ最後の新曲「ナウ・アンド・ゼン」誕生秘話を語る短編ドキュメンタリーがディズニープラスで見放題配信スタート! <PR>

▶ ディズニープラスで「ザ・ビートルズ:Get Back」を独占配信! <PR>

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ