GETTY

Photo: GETTY

今年のスーパーボウルは5年ぶりの高視聴者数を記録したことが明らかになっている。

今年のスーパーボウルはロサンゼルス・ラムズがシンシナティ・ベンガルズを23対20で破っており、1億1230万人が視聴したという。

今年の試合はニューイングランド・ペイトリオッツがアトランタ・ファルコンズを延長線の末に34対28で破った試合をも超える結果を残している。

NBCのマーク・ラザルスは『インディペンデント』紙に対してこの数字について次のように語っている。「スーパーボウルは再び多くの観客に届けられることになりました。そこにはテレビ放送の比類なき強力さに加えて、ネットTVのピーコックとテレムンドでの放送もあり、オリンピックの視聴者も増やすことになりました」

NBCスポーツのチェアマンであるピート・べヴァクアは次のように続けている。「スーパーボウルとオリンピックという世界でも最も強力な2つのイベントを組み合わせる戦略の結果を喜んでいます。『スーパー・ゴールド・サンデー』というこの戦略は大きな形で実を結ぶことになりました。今後もこの戦略を続けていくことを楽しみにしています」

一方、50セントはスーパーボウルでドクター・ドレー、エミネム、スヌープ・ドッグ、メアリー・J. ブライジ、ケンドリック・ラマーと共演したことがネット上でネタにされている。

50セントはハーフタイム・ショーで天井から逆さに宙吊りとなる形で“In Da Club”のラップを披露している。50セントは2003年のオリジナルの“In Da Club”のミュージック・ビデオに逆さになったD12のビザールを加工した写真をツイートして、冗談めかして「これをやったのは誰だ?」と述べている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ