Dean Chalkley

Photo: Dean Chalkley

ザ・1975はソーシャル・メディアのアカウントを削除して、ウェブサイトを空白にして、新曲のリリースが近づいていることを予告している。

2月14日にザ・1975はインスタグラムとツイッターのアカウントを削除しており、公式ウェブサイトは空白にされている。

これまでもザ・1975は新曲を予告するにあたってソーシャル・メディアのこれまでの履歴を削除しており、2016年発表の『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』、2018年発表の『ネット上の人間関係についての簡単な調査』、2020年発表の『仮定形に関する注釈』と同様に、今回、バンドはソーシャル・メディアの痕跡を削除している。

先月、マット・ヒーリーはレコーディング機材に囲まれる中でアコースティック・ギターを弾くモノクロの映像を公開して、スタジオで新作に取り組んでいることを明かしていた。投稿には「パート5 デイ1」と記されており、通算5作目のアルバムに取り組んでいることを示唆していると見られる。

『仮定形に関する注釈』に続く新作は様々なファンの憶測を呼んでおり、フロントマンのマット・ヒーリーは昨年8月に「新たな『名作』を作っているよ」と冗談を飛ばしていた。

新曲を示唆するもう一つの兆候としてバンドのマネージャーであるジェイミー・オーボーンは次のようにツイートしている。「新しいレコードをみんなに聴いてもらえたらと思うよ。本当に美しいんだ」

昨年は比較的沈黙を保っていたザ・1975だが、昨年10月にマット・ヒーリーはフィービー・ブリジャーズがロサンゼルスで行った公演でサプライズのサポート・アクトを務めている。この時にマット・ヒーリーは2曲の新曲も披露しており、そのうちの1曲は“New York”というタイトルとなっている。

また、ザ・1975は気候変動に関する団体「ミュージック・デクレアーズ・エマージェンシー」と協力してTシャツによるチャリティを行っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ