GETTY

Photo: GETTY

ポール・ウェラーはザ・ビートルズが解散したことを喜ばしく思っていることを明かしている。

『アンカット』誌のインタヴューを受けたポール・ウェラーは12歳の時に映画『レット・イット・ビー』を観たことを振り返っている。

「大きなスクリーンでザ・ビートルズを観ることができて、圧倒されていたんだ。彼らがルーフトップ・セッションなんかを演奏してくれたわけだからね。だから、自分にとっては彼らがライヴを演奏するのをスクリーンで観られたということだけでも、感動的だったんだ」とポール・ウェラーは語っている。

「仲の良くない彼らを観るのは憂鬱なことだと言われているけど、後々になるまで気づかなかったよ」と彼は続けている。

「個人的には解散したことを嬉しく思っているんだ。80年代にDX7でシンセ・ポップをやるザ・ビートルズなんて想像できるかい? そんなの最低だろ」

ライヴ・エイドでスタイル・カウンシルでザ・ビートルズと共演していたらと訊かれると、ポール・ウェラーは次のように応じている。「そんなことになっていたら、ショックだっただろうね。彼らはその遺産を汚していたんじゃないかな。そうしたら後年、ここまでの賛辞で語られることはなかったと思う」

ザ・ビートルズはドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』のルーフトップ・コンサート部分が日本でも2月9日より5日間限定でIMAXシアターで上映されることが決定している。

ルーフトップ・コンサート部分は65分にまとめられており、全国39館の劇場で上映される。「『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』からのルーフトップ・コンサート部分がIMAXの大画面で体験してもらえることに興奮しています」とピーター・ジャクソンは声明で述べている。「これがザ・ビートルズの最後のコンサートです。本作を観て聴いてもらえる最高の形だと思います」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ