GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは観客に吸入器を渡すためにコンサートを中断しており、ファンへの気遣いを示している。

現地時間2月5日にアトランタで行われた公演で観客の撮影した動画によれば、ビリー・アイリッシュは呼吸が難しくなっている観客を見つけ、心配そうに観客を見つめている。

「吸入器が必要?」とビリー・アイリッシュは観客に語りかけ、クルーの方を向いて「吸入器はある? 持ってきてもらえる?」と尋ねている。

チームのメンバーが吸入器を持ってピットの中に入り、ビリー・アイリッシュは「大丈夫よ。持っていくわ」と語り、観客に向かって「ちょっと時間を与えてあげて。押し寄せないで」と続けている。

「出なきゃダメかな? それとも、大丈夫? 分かる?」と彼女は尋ね、「愛しているわ」と語っている。

「みんなが大丈夫になるのを待ってから続けるわ」とビリー・アイリッシュは語り、観客からは歓声が起こっている。

ビリー・アイリッシュが観客のためにコンサートを止めるのは初めてではなく、そうしたシーンをまとめた動画も投稿されている。

@mads_pan

live music is a sanctuary; safety is the foundation.

♬ original sound – mp

ビリー・アイリッシュは『ハピアー・ザン・エヴァー』を引っ提げたワールド・ツアーを2月3日から開始している。セットリストは新旧の曲を交えたもので、『ハピアー・ザン・エヴァー』の収録曲に加えて、“Bury A Friend”、“Bad Guy”、“Ocean Eyes”などが演奏されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ