Ebru Yildiz

Photo: Ebru Yildiz

ミツキはニュー・アルバムより“Stay Soft”のミュージック・ビデオが公開されている。

ミツキは本日2月4日に通算6作目となる最新作『ローレル・ヘル』をリリースしている。

“Stay Soft”のミュージック・ビデオはこちらから。

ミツキは新作『ローレル・ヘル』の意図について次のように語っている。「勝った負けたの力関係じゃない本物の恋愛についてのラヴソングが必要だった。自分自身も他者も両方を許させてくれる曲が必要だった。私はずっと過ちを犯している。自分がロール・モデルだと体裁を繕いたいわけじゃない。でも、私は悪い人間でもない。そうしたどっちつかずのスペースを自分のために作る必要があったの」

ミツキは2019年9月にニューヨークのセントラル・パーク・サマーステージでライヴを行った後、「無期限」の活動休止に入っていた。

ミツキは活動休止についてアーティストとしてのキャリアを終わらせようとしていたと語っている。「あれは自分のやる最後のライヴだと思っていた。もう止めて、別の人生を送ろうと思っていた」

音楽業界から出たかった理由についてミツキは「少しずつ自分の魂がすり減っていっている」ように感じていたと語っている。

契約上、レーベルのデッド・オーシャンズからアルバムを1枚リリースしなければいけない義務はあったものの、ミツキは最終的に自分のために音楽を作り続ける必要があると思うようになったと語っている。「傷ついてもこれをやらないと好きなんだから、ということよね。それが自分自身だし、傷つくことにはなるだろうけど、それを続けていく。だって、私にできる唯一のことだから」

新作『ローレル・ヘル』のストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ