Alamy

Photo: Alamy

ザ・フーのキース・ムーンの伝記映画は今夏に撮影が開始されると報じられている。

1964年から1978年までザ・フーのドラマーだったキース・ムーンはアルコール禁断症状を抑えるための薬、ヘミネヴリンのオーヴァードーズで亡くなっている。

『四重人格』に収録曲にちなんで暫定的に『ザ・リアル・ミー』と名付けられた映画はロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントがプロデューサーを務めている。

『ヴァラエティ』誌によれば、ポール・ウィッティングトンが監督を務める予定で、脚本はジェフ・ポープが手掛けている。

本作は『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』や『ザ・ビートルズ〜エイト・デイズ・ア・ウィーク – ザ・ツーリング イヤーズ』を手掛けたホワイト・ホース・ピクチャーズがプロダクションを手掛ける。

誰がキース・ムーンを演じるかは決定していないものの、ロジャー・ダルトリーはキース・ムーンを演じる俳優は目で決まると語っている。

「キース・ムーンを探さなきゃならいんだけどさ」とロジャー・ダルトリーはBBC 6ミュージックのマット・エヴェリットに語っている。「その俳優、その俳優の目にすごくかかっているんだ。というのも、キースは類稀な目を持っていたからね。間違いなく目でキャストを決めなきゃならないんだ」

キース・ムーンのようなミュージシャンを演じることのできる俳優を探すのは難しいかもしれないとマット・エヴェリットが言うと、ロジャー・ダルトリーは次のように応じている。「なんでキースをミュージシャンだと思うんだい? 彼はこう言うはずだよ。『なんだって、おい! ミュージシャンだって? 俺はドラマーだよ』ってね」

「みんなキースのことを知らないんだ」と彼は続けている。「バンド以外の人間が俺たちのようにキースのことを知っているのかは分からないね。彼はすごく変わった人間だからね」

ロジャー・ダルトリーは「適切な脚本」を探すのに長い時間がかかったと説明している。映画は取り組み始めてから10年以上が経過している。

先日、ロジャー・ダルトリーはザ・ローリング・ストーンズについて「ありきたりのパブ・バンド」と評している。

コーダ・コレクションの新たなインタヴューでロジャー・ダルトリーはザ・フーの歩みを振り返っており、同世代のザ・ローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリンについても語っている。

ロジャー・ダルトリーはザ・ローリング・ストーンズについて語る中でミック・ジャガーに賛辞を寄せている。「彼には脱帽だよね。ナンバー1のロックンロール・パフォーマーだよ」

ロジャー・ダルトリーはバンドの音楽性について次のように続けている。「でも、バンドとしてはパブの外にいたらパブから聴こえてくるような音楽だよね。『ありきたりのパブ・バンドだ』って思うようなね」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ