Paul Harries

Photo: Paul Harries

マネスキンは『サタデー・ナイト・ライヴ』で“Beggin”のカヴァーと“I Wanna Be Your Slave”を披露した映像が公開されている。

ウィル・フォーテの紹介を受けてマネスキンはフォー・シーズンズによる1967年発表の楽曲“Beggin”をカヴァーしたほか、“I Wanna Be Your Slave”ではブラーの“Song 2”を取り入れている。

マネスキンはアメリカン・ミュージック・アウォーズ、MTVヨーロッパ・ミュージック・アウォーズ、『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』に出演しており、ザ・ローリング・ストーンズのサポート・アクトも務めている。グローバル・シチズン・ライヴのパリ公演ではエド・シーランやエルトン・ジョンと共演している。

パフォーマンス映像はこちらから。

昨年10月、マネスキンは最新シングル“Mammamia”を公開している。

フロントマンのダミアーノは最新シングル“Mammamia”について次のように語っている。「自分は素晴らしいことだと思ってやっていても、ほかの人たちには理解されなくて、批判されたりする。そういう状況を面白おかしく捉えて、歌詞に投影しているんだ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ