GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンの元パートナーであるエヴァン・レイチェル・ウッドは2007年のミュージック・ビデオ撮影で「実質的にレイプされた」と告発している。

サンダンス映画祭では現地時間1月23日にエヴァン・レイチェル・ウッドの人生とキャリアを追ったドキュメンタリー『フェニックス・ライジング』が初上映されている。

昨年、エヴァン・レイチェル・ウッドはマリリン・マンソンを公に告発しており、懐柔されて10代の時に「恐ろしい虐待」を受けてきたと述べている。

マリリン・マンソンはエヴァン・レイチェル・ウッドや他の女性からの告発を否定しており、「皮肉にも嘘で#MeTooのムーヴメントを現金化して搾取しようとしている」として「組織的攻撃」だと述べている。

ドキュメンタリー『フェニックス・ライジング』でエヴァン・レイチェル・ウッドは出演した2007年発表の“Heart-Shaped Glasses (When The Heart Guides The Hand)”のミュージック・ビデオについて語っている。

「私が思っていたのとはまったく違っていました」とエヴァン・レイチェル・ウッドはミュージック・ビデオの撮影について語っている。「私に提案されたのとは違うことをすることになったのです」

彼女は次のように続けている。「セックスのシーンのふりをすると話していました。でも、カメラが回り始めると、彼は本当に入れ始めたのです。まったく同意していませんでした。私はプロの女優で、人生を通してやってきました。今日まで人生を通してあんなにプロフェッショナルじゃない現場はありませんでした。完全に混乱しました。安全を感じられず、誰も私のことを気にかけてくれませんでした」

「ビデオの撮影はトラウマ的体験でした。私は言い返さず、耐えるように言われてきたので、自分の主張をどう伝えればいいのか、どう断ればいいのか、分かりませんでした。私は腹立たしくなって、恥ずべきことをしたように感じました。クルーは非常に気まずい様子で、誰もどうすればいいのか、分かっていませんでした。私は偽りの説明で商業的なセックス行為を強要されました。それが最初の犯罪が行われた時でした。カメラの前で実質的にレイプされたのです」

『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演で知られるエスメ・ビアンコもマリリン・マンソンの虐待を告発しており、斧を持って彼の家で追い回されたと述べている。モデルのアシュリー・モーガン・スミスラインは性的虐待、性的暴行、非合法の監禁などの罪で訴えている。

マリリン・マンソンは5人の女性の告発を受けて所属レーベルのロマ・ヴィスタとの契約を切られている。長年のマネージャーだったCAAのトニー・シウラも彼の下を離れており、『アメリカン・ゴッズ』と『クリープショー』への出演も取り消されている。

マリリン・マンソンの弁護士であるハワード・キングは告発に対して次のように述べている。「エヴァン・レイチェル・ウッドがブライアン・ワーナーに対して行った虚偽の告発においても15年前の“Heart-Shaped Glasses”の撮影についての想像に基づいた話は複数の目撃者がいるため、反証が最も簡単で、白々しいものです」

「エヴァン・レイチェル・ウッドは3日間の撮影に一貫して参加しただけでなく、数週間に及ぶ撮影前の計画段階、撮影後の編集作業にも関わっていました」

「架空のセックス・シーンは複数のテイクで様々なアングルからカメラの準備による長い休憩を挟みながら数時間で撮影されました」

「ブライアン・ワーナーは撮影でエヴァン・レイチェル・ウッドとセックスをしていません。彼女はそれが事実であることを知っています」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ