GETTY

Photo: GETTY

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインはスポティファイで誤った歌詞が表示されているとして批判している。

スポティファイは2021年11月に歌詞を表示する機能を加えており、曲を聴きながら歌詞を読むことができるようになっている。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは次のようにツイートしている。「スポティファイが僕らの知らないところで、僕らの曲の間違った歌詞を出していることに気づいた。どうしてそうなったかは分からないけど、おそらくインターネットのデタラメな歌詞サイトのせいなんだろう」

昨年の発表時にスポティファイは歌詞のデータベース会社であるミュージックスマッチとパートナーシップを結んでおり、現時点でもミュージックスマッチのライセンスによって歌詞が表示されている。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは昨年3月に長年控えていたストリーミング・サービスで音源を解禁している。バンドはドミノ・レコーズと契約して、スポティファイやアップル・ミュージックといったストリーミング・サービスで音源が公開されている。

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは2013年発表のカムバック・アルバム『mbv』に続く2枚の新作に取り組んでいることを明かしている。ケヴィン・シールズは1枚目のアルバムには「あたたかくメロディック」な楽曲が収録されて、2枚目のアルバムはより実験的なものになると述べていた。

ビリンダ・ブッチャーは年末までにはアルバムのレコーディングが終わることを示唆しており、「『mbv』の後、次のアルバムを作るのが70歳手前なんてことになりたくなかったんだよ。今作るほうがいいなと思ったんだ」とケヴィン・シールズは語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ