GETTY

Photo: GETTY

ザ・ファイヴ・サテンズのフロントマンだったフレッド・パリスが亡くなった。享年85歳だった。

ザ・ファイヴ・サテンズの公式フェイスブックではフレッド・パリスは「短い闘病」の末に亡くなったと説明されている。

「ザ・ファイヴ・サテンズのファミリーは訃報を受けて打ちひしがれていますが、多くのファンや友人とフレッド・パリスの音楽を共有できたことを感謝しています」とザ・ファイヴ・サテンズは述べている。葬儀の詳細は明らかにされていないものの、今後発表される見込みとなっている。

フレッド・パリスはザ・ファイヴ・サテンズの最も有名なヒット曲“In The Still Of The Night”を書いており、ボーイズⅡメンやザ・ビーチ・ボーイズらがカヴァーしている。

ドゥーワップの名曲である“In The Still Of The Night”は映画『ダーティ・ダンシング』、『バディ・ホリー・ストーリー』、『アイリッシュマン』でも使われている。

コネチカット州ニューヘイヴンで育ったフレッド・パリスはフィラデルフィア近くの米軍基地で歩哨として務めていた時に“In The Still Of The Night”の歌詞を書いている。

フレッド・パリスは1956年に故郷で休暇中に教会の地下でこの曲をレコーディングしている。

“In The Still Of The Night”は1956年、1960年、1961年と3度、全米シングル・チャートにランクインしており、コール・ポーターによる1937年の同名の曲と区別するために“In The Still Of The Nite”とも表記される。

フレッド・パリスはフレッド・パリス&ザ・レストレス・ハーツ、ブラック・サタンといったグループでもフロントマンとして活動していた。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ