GETTY

Photo: GETTY

イーグルスのドン・ヘンリーはスティーリー・ダンによる1977年発表の楽曲“Peg”に参加しかけたが、プロデューサーのゲイリー・カッツによれば、お蔵入りになったという。

スティーリー・ダンの長年のプロデューサーで、ダイアナ・ロスや10cc、ママス&パパスと仕事をしてきたゲイリー・カッツはスティーリー・ダンの最も有名なヒット曲の制作プロセスについて語っている。

「コーラスでは背景にリードのような要素が入っているんだ。通常の背景のパートではないんだよ」とゲイリー・カッツは『アルティメット・クラシック・ロック』誌に語っている。

曲をまとめる際にゲイリー・カッツとドナルド・フェイゲンは「ドン・ヘンリーの歌が好き」なことについて語っていて、リンダ・ロンシュタットと共に“Peg”に参加してもらうことにしたと述べている。

「それでアーヴィン・エイゾフに電話したんだけど、リンダ・ロンシュタットは気乗りがしなかったようで、ニコレット・ラーソンが来てくれたんだ」

しかし、ドン・ヘンリーとニコレット・ラーソンに歌ってもらいたいパートを覚えてもらったところ、その結果は芳しくなかったという。

「忍耐力よりも、その時々の現実に合わせてすぐに反応を示すことが多くてね」とゲイリー・カッツは語っている。「僕らはうまくいくか考えさせて、2時間も座らせておくような自己中心的な人間じゃないからね。うまくいかないと分かった時点でドナルド・フェイゲンは終わりにしようと言ったんだ。それに、もう一度歌ってくれたんだけど、よくなかったんだよ」

その後、ドナルド・フェイゲンはウォルター・ベッカーを「サンドイッチを食べに行こう」と誘い、スタジオを出たところで、ゲイリー・カッツはドナルド・フェイゲンにドン・ヘンリーとニコレット・ラーソンにやめてもらうべきだと言ったという。「それで、あたふたしながら、ドン・ヘンリーをやめさせることになったんだ。自分がそうしたんだ。この件についてはあれから35年間の間に様々な形で言われることになったよ」

ゲイリー・カッツは次のように続けている。「最後にドン・ヘンリーと会った時、彼は僕に近づいてきて、『今日もまたやめさせるつもりか、カッツ?』と言ってきたんだけどね。でも、言った時は笑顔ではなかったな」

「スタジオにおける大変な日だったね。ドナルド・フェイゲンやウォルター・ベッカーもそうだけど、僕はドン・ヘンリーたちと同じサークルの住人だったからね。近い地域の同じ場所に住んでいたし、同じマネージャーだったしね。イーグルスとスティーリー・ダンはロサンゼルスで長年一緒にいたんだ」

先日、イーグルスは来たる『ホテル・カリフォルニア』北米ツアーに新たな日程を追加している。

ドン・ヘンリー、ジョー・ウォルシュ、ティモシー・B・シュミット、ディーコン・フレイ、ヴィンス・ギルによるイーグルスは昨年11月に『ホテル・カリフォルニア』を記念したツアーを行うことを発表していた。

追加日程でクリーヴランド、シカゴ、インディアナポリス、デトロイト、ピッツバーグ、フィラデルフィア、コロンバス、ぶっファロー、ベルモント・パーク、ヒューストン、ナッシュヴィル、タルサ、ソルト・レイク・シティの公演が追加されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ