Rocklahoma

Photo: Rocklahoma

スリップノットのコリィ・テイラーは今年はいくつかの「どでかいことが起こる」として、バンドのニュー・アルバムもリリースされると述べている。

コリィ・テイラーはツイッターで「どでかいことが起こる。2022年版」として、スリップノットのアルバムがリリースされると述べている。コリィ・テイラーは「覚悟しておいてほしい(Hold On To Your Butts)」というフレーズを引用している。

コリィ・テイラーは映画『ゾンビ・ヴァーサス・ニンジャ』の続報、秘密の凱旋プランも計画していると述べている。

先日、コリィ・テイラーは通算7作目となる新作について次のように語っている。「素晴らしいんだ。夢中だね。『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』よりも好きだよ。『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』も大好きだけどね」

昨年8月、コリィ・テイラーは新型コロナウイルスに感染して「止まってしまった」ものの、レコーディングは3曲だけ残っていると語っていた。12月の時点で彼は年始にミックスを始め、その数カ月後にはリリースしたいと語っていた。

スリップノットはノットフェス・ロサンゼルスで新曲“The Chapeltown Rag”を初披露している。コリィ・テイラーはこの曲とは別に正式なファースト・シングルが新作からはリリースされると述べている。

2021年にコリィ・テイラーは映画『ゾンビ・ヴァーサス・ニンジャ』について次のように語っている。「まさにタイトルの通り、ゾンビとニンジャが対決するんだ。間違いのない大騒動だよ。特殊効果アーティストのトム・サヴィーニのチームと仕事をしていて、しばらくの間、組む相手を探していたんだけど、グレッグ・グランバーグのプロダクション会社を見つけて、一緒にまとめているところなんだよ」

コリィ・テイラーは出演したホラー映画『ラッカー(原題)』が公開されている。本作はラッカーというシリアルキラーになった大型トラックの運転手の物語で、コリィ・テイラーはトラック運転手の友人を演じている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ