GETTY

Photo: GETTY

ジューダス・プリーストはアンディ・スニープがツアー・メンバーから離れることを発表している。

ジューダス・プリーストの最新作『ファイアーパワー』を共同プロデュースしているアンディ・スニープは、長年のギタリストであるグレン・ティプトンは2018年にパーキンソン病であることを公表したことを受けてライヴに参加していた。

3月から2022年の北米ツアーが始まるのに先立って、ジューダス・プリーストは「さらにパワフルで容赦ない4ピースのヘヴィ・メタル・バンド」として戻ってくることを発表している。

「アンディについてはこれまでやってきてくれたこと、そして新作のプロダクション・チームに今後も参加してくれることに大いに感謝しています」とジューダス・プリーストは述べ、グレン・ティプトンが「様々な」ステージに参加することになると説明している。

ジューダス・プリーストは「ブリティッシュ・スティールでもってワールド・ツアーに戻るのが待ちきれません」と述べている。「ヘッドバンガーズ、早くみんなに会いたいよ」

アンディ・スニープは別に声明を出しており、自分と別れることにしたバンドの決断を「非常に残念です」と述べている。

「ロブ・ハルフォードが先週の月曜日に電話をしてきて、4ピースとして別れたいと言われました。たくさんの時間を過ごしてきただけに非常に残念ですが、彼らにはどうしていきたいかのヴィジョンがあるので、その決断を尊重します」とアンディ・スニープは述べている。

「これは一時的な状況で、前にも言った通り、常にバンドをできる限りの方法で手助けしたいと思っていますし、それは今後も変わりません」

アンディ・スニープは次のように続けている。「80年代初めからバンドの大ファンで、彼らとステージで演奏するのは衝撃的でしたし、最初はこんなにも短期間で怖かったところもありました」

「来月もニュー・アルバムに取り組む予定で、『ファイアーパワー』に続くすごい新作を作るのが楽しみです」

先月、ロブ・ハルフォードはグレン・ティプトンと一緒に写った写真をソーシャル・メディアに投稿していた。

ロブ・ハルフォードは来たるニュー・アルバムのために書いた曲でもグレン・ティプトンが「大きな貢献」をしてくれていると語っている。「僕らは一緒に曲を書いていて、今もアイディアをまとめているんだ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ