Press/Stephen Budd

Photo: Press/Stephen Budd

先月のパリ同時多発テロにより、イーグルス・オブ・デス・メタルのライヴ中に命を落としたイギリス人、ニック・アレキサンダーの葬儀が執り行われた。

エセックス出身のニック・アレキサンダー35歳は、11月13日に起きたパリ同時多発テロにより89名の被害者を出したバクタラン劇場で殺害されている。彼は、イーグルス・オブ・デス・メタルのマーチャンダイズ販売担当として、当日も働いていた。

12月21日にエセックスのウィーリーにあるセント・アンドルーズ教会で行われた葬儀には、250名を超える人々が参列したという。BBCニュースは、ニック・アレキサンダーの両親であるバリーとシーラ、姉のゾーイが会葬者の応対にあたったと伝えている。

葬儀の間には、ザ・ビートルズの“Across The Universe”が演奏されたという。


ウィーリーで、パリ襲撃の被害者ニック・アレキサンダーの葬儀。

ニック・アレキサンダーの姉であるゾーイは、弟の死を受けて最近『NME』のインタヴューに応え、デーモン・アルバーンやMGMT、ブラック・キーズ、フォール・アウト・ボーイズとの仕事で知られるニック・アレキサンダーについて「常に人があまり行かない道を探しているような、ちょっと変わったロックンロールな男」だったと回想している。

「彼は生きた音楽の現場に参加することを愛していた」と彼女は続けている。「彼にとって一番大切なことは、ショウを実現させるチームの一員であることだったの」

悲劇が起きた夜のことについてゾーイは、次のように話している。「ニュースをつけて、バクタランで起きていることを見たわ。私たちはニックがそこにいることを知っていたの」

「その場所を知っていたし、商品を売るショップがどこにあるのかも知っていた。すごく危険な場所よ。事件は続いていて携帯の回線はダウンしていたんだけど、午前2時頃から現場の声が届き始めたの。その時に、私たちは聞いたのよ」

これまでに、デーモン・アルバーンやブラック・キーズなど多くのミュージシャンが、ニック・アレキサンダーの死に対し哀悼の意を表明している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ