GETTY

Photo: GETTY

2016年7月23日に没後5年を迎えるエイミー ・ワインハウスの生前の姿を追ったドキュメンタリー映画『AMY』が2016年夏に日本公開されることが決定した。

本国イギリスでは2015年7月に公開され、自国のドキュメンタリー映画として過去最高の約10億円の興行収入を記録しており、 国外の作品を含めても『華氏 911』に次ぐUK史上2位の興行成績を記録している。

本作について、レディー・ガガは「彼女は正真正銘のアーティストだった。彼女がいてくれたから、自分は決して一人ぼっちじゃなかった。 人にはない、ものすごく正直なところがあって、そこがとても好きだった。ジャズに生き、ブルーズに生きた、そんな人だった」とツイートしている。

また『NME』のインタヴューでジャスティン・ビーバーは「つい涙がでたよ。メディアが彼女をどう扱ったのか、僕にはわかるんだ」と語っている。

本作の監督は、2010年作品のドキュメンタリー映画『アイルトン・セナ〜音速の彼方へ』を手がけたアシフ・カパディアで、映画のサウンドトラックは既に輸入盤でリリースされている。サウンドトラックの国内盤は2016年夏にリリースされる。

映画の詳細は以下の通り。

『AMY』 2016年夏公開
監督:アシフ・カパディア 『アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ』
製作:ジェームズ・ゲイ=リース 『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』、『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』
出演:エイミー・ワインハウス
2015年/イギリス/英語/カラー/原題『AMY』
配給:KADOKAWA
協力:ユニバーサル ミュージック合同会社 USMジャパン

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ