GETTY

Photo: GETTY

エリック・クラプトンはeベイでブートレッグのCDを売ろうとしたドイツ人女性に勝訴している。

『ドイチェ・ヴェレ』の報道によれば、女性は1980年代のエリック・クラプトンのコンサートを許可なくレコーディングしたアルバムを9.95ユーロで売りに出していたが、著作権侵害になることを知らなかったと主張していた。

エリック・クラプトンはデュッセルドルフ地方裁判所にこの音源は違法だという供述書を送っており、裁判所はエリック・クラプトンを支持する判決を下している。しかし、女性は控訴している。

女性はCDについて亡くなった夫がよく知られたデパートで購入したものだと述べていたが、その主張は却下されており、彼女自身がアルバムを購入していないことは無関係だという判決を下されている。

女性は被告と原告両方の裁判費用を支払うことを命じられており、その額は約3400ユーロ(約44万円)となっている。女性がCDの販売を続ければ、25万ユーロの罰金(約3200万円)か6ヶ月の懲役となる。

被告の弁護士であるクラウス・ギュンターはドイツの『ビルド』紙に次のように語っている。「私たちは控訴する予定です」

一方、エリック・クラプトンは新型コロナウイルスを受けての政府の制限に反対の立場を取っており、ワクチンにも懐疑的なことで批判を受けている。今年8月に反ワクチンを掲げた“This Has Gotta Stop”という曲をリリースしている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ