Roger Sargent

Photo: Roger Sargent

ダーティ・プリティ・シングスは来年、ロンドンのエレクトリック・ボールルームでデビュー・アルバムの15周年を記念したライヴが行われることが決定している。

2022年3月24日に行われる一夜限りの公演は2006年発表の『ウォータールー・トゥ・エニウェア』から15周年を記念して行われる。2020年からこの公演は計画されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックによってなくなっていた。

ダーティ・プリティ・シングスは2008年に最後のアルバム『ロマンス・アット・ショート・ノーティス』をリリースしており、同年に最後のライヴを行っている。カール・バラーは2004年にザ・リバティーンズが解散した後、ダーティ・プリティ・シングスを結成している。

カール・バラーは今回の公演について次のように述べている。「去年から『ウォータールー・トゥ・エニウェア』の15周年を記念して再結成しようと決めていたんだけど、世界中のパンデミックの影響でなくなってしまったんだ。この機会を新型コロナウイルスに奪われたくないから、3月ライヴをやって、僕らにとって大切だったバンドとあの時間を祝福することにしたんだ」

ドラマーのゲイリー・パウエルは次のように続けている。「友情と創造と表現の機会から生まれた音楽をもう一度演奏できるのは素晴らしいね。昔の友人と再会して、新たな友情を育むことを楽しみにしているよ」

アンソニー・ロッソマンドは次のように語っている。「ダーティ・プリティ・シングスの精神は常に私の血管を流れている。この時を何年間も待ち望んでいたんだ。さあやろう」

ベーシストのディズ・ハモンドはこのライヴには参加せず、代わりにクラクソンズのジェイミー・レイノルズが参加する。

カール・バラーは来年1月にUKで「リライヴ・ライヴ」と題したソロ・ツアーを行うことが決定している。

先日、ゲイリー・パウエルはフェリーの上でデイヴ・グロールに裸を見られた2006年の「気まずい」事件を振り返っている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ